言葉の解釈

「理念」とは?

 

読めば読むほどよく分からなくなってくる…

 

「理念」とは何でしょうか?

一度インターネットで調べてみてください。

「理念」について数えきれないくらいの解説ページが出てきます。

 

「理念とは何か?」「社是や社訓、信条との違いは?」「ミッションやビジョンとの違いは?」「企業理念と経営理念の違いは?」「いい企業理念を作るには?」…etc.

様々な解説がたくさん並んでいます。

 

私もこの記事を書く前に、いろいろ解説を読んでみました。

動画もいくつか観てみました。

率直な感想ですが、分かるような分からないような…という感じです。

 

自分なりの分析としては、

理解のための理解というか、頭で理解するだけであれば分かると言えば分かる…

でも本質的な理解というか、日常において運用し、さらに継続させていくことを考えて、実行可能なラインを吟味しながら理解していこうとすると、読めば読むほどよく分からなくなってくる…

といったところです。

 

読めば読むほどよく分からなくなってくるのは、書き手によって捉え方が違っていたり、まとめ方がまちまちだったり、そういうことも要因としてあるかもしれません。

加えて、自分が必要と感じていない情報まで一気にたくさん入れてしまうと、さらに頭の中がゴチャゴチャになって、どんどん収拾がつかなくなっていきます。

 

「理念」についてそれなりに理解していなければならない立場の私がこういうことになる訳ですから、これから「理念」について理解していこうという方だったら、もっと混乱するのでは?と心配になってきます。

「そんな心配はご無用」という方はよいと思いますが、私の感覚と通ずるものがある方は、ひとまず最低限の情報にとどめておいて、必要に応じてプラスアルファの知識・理解を加えていく、というアプローチの方が賢明かもしれません。

一度にたくさんのことを理解しようとして、かえって全部が台無しになるよりは、あえて細切れにしてスタートするという考え方です。

 

現場としては名目や形式より、実質的かどうかに尽きる

 

ここまでは経営者の方の目線でお話ししてきましたが、私は従業員として多様な立場を体験しながら組織マネジメントを考察してきた経緯(※ プロフィール 参照もありますので、従業員目線で、現場の日常をイメージしながら情報を吟味しようとする癖があります。

そういう見地でもいろいろ引っかかる情報があったのですが、例えば「これは形骸化しそうだなぁ…」と強く感じるような内容は、現場としては負担になるだけなので「やめてほしいなぁ…」と感じてしまいます。

小難しかったり、堅苦しすぎたり、抽象的過ぎたり、共通認識を持ちづらいような内容も、「やめてほしいなぁ…」と思ってしまいます。

 

このような観点も併せて考えると、知識先行にならず必要性先行の状態を保って(必要でない知識はあえて控えて)進んでいくことは、多様な立場の方々にとって要所になると思われます。

以上のことを踏まえて、ここでは最低限の解説にフォーカスしたいと思います。

 

辞書の意味で十分と言えば十分

 

辞書の解説を見てみると、

【理念】

物事のあるべき状態についての基本的な考え。「教育の-」

出典:三省堂 大辞林 第三版

とあります。

 

「理念って何だろう?」という疑問に対しては、これで十分と言えば十分です。

「理念」とは、「物事のあるべき状態についての基本的な考え」のことです。

 

もしインターネットで調べた時にこの情報だけしか出て来なかったら、非常に簡潔ですし、すんなり頭に入ってくるでしょう。

これ以外のことまで一気に理解する必要がなければ、頭が混乱することもありません。

 

この理解だけでも、意外とできることがあります。

 

例えば、「経営理念は必要だと思いますか?」と聞かれると小難しく感じますが、

「理念」=「物事のあるべき状態についての基本的な考え」ですから、

「経営のあるべき状態についての基本的な考えは必要だと思いますか?」と言い換えることができます。

 

こうするとちょっと質問の印象も変わりますし、ひょっとしたら自分の見解(必要or不要)まで変わってくるかもしれません。

 

同じように言い換えたら、「企業理念」についても

「企業(自社)のあるべき状態についての基本的な考え」ということになります。

 

明文化していないだけで、「こういう会社でありたい(あり続けたい)」「こういう部分は無くさないようにしていきたい」「こういうところは従業員と共有しておきたい」というような思いを、実は持っているかもしれません。

 

プラスアルファのことについては、また別の記事で扱っていきますね。

今日のところは、ここで一旦区切ります。

 

この記事で押さえることは一点

 

この記事では、

「理念」=「物事のあるべ状態についての基本的な考え」

と、まず押さえていただきたいと思います。

 

そして、そういう土台のもとで、「理念」に関する記事を読んでいただければと思います。

 

「理念」「ミッション」「パーパス」… 無理してこれらの言葉を使わなくてもよいのでは? 「理念」、「ミッション」、「パーパス」・・・ 仕事や経営で使われている言葉っていろいろありますよね。 皆さんはこれらの言葉にしっ...
「理念で飯が食えるのか?」という問いは、自分の役に立つのか? 今日は、「理念の必要性」についてのお話です。 「理念の必要性」は人それぞれです。 全く必要ないという人も沢山いますし、無くて...