プロフィール

屋号・氏名・職業

 

屋号 : セカンドベスト

氏名 : 野島のじま 泰次たいじ

職業 : 人材開発・組織開発コンサルタント

 

「開発」とは…

能力を引き出すこと。そのために、
能力発揮の条件をととのえること(能力発揮のネックを補整すること)。

(※「人材開発」「組織開発」とは? )

 

大まかな経緯

 

1972年生まれ。

早稲田大学理工学部経営システム工学科卒業。専攻は品質管理(QC)です。

 

中学2年頃から高校卒業の頃までが、日本社会のバブル期に当たります。

大学卒業はバブル崩壊後しばらく経ってからで、その頃には日本社会は低成長時代に突入していました。

社会人として高度成長・バブルを体験していない最初の世代です。

 

20代半ばから後半にかけて自分の行動力が極端に落ち込んだ体験がきっかけで、能力発揮をさまたげているものに関心を持ちます。

以来、「通説や常識、周りの一般的傾向や支配的空気」より「体験上の教訓」に重きをおいて、働く人の能力発揮をさまたげないマネジメントのあり方を探究しています。

 

人材コンサルティング会社でサービス業(主に飲食業)のお店とそこで働く人の支援に従事した後、さまざまな組織(通信/物流/役所/コンビニ/塾・専門学校/保険/その他)で、さまざまな立場(正社員/契約社員/派遣社員/アルバイト)で自ら働いた経験も持ち、身をもって能力発揮のネックを考察してきた経緯があります。

 

現場の実態や当事者の本音を肌で感じ、外部からも内部からも様々な組織を観察してきた中で、あることを痛感させられます。

業界・業種や企業規模、あるいは個々の会社や働く人によっても、当たり前の感覚(文化・慣習、考え方・感じ方、視点・視野、避けたい事や関心事…)が様々で、大きく違うということです。

 

当初は多くの会社に通ずるようなマネジメントのあり方を考えていましたが、次第に「理屈じゃない感覚の違いを踏まえずしては、それぞれのマネジメントの急所に深く切り込めない」と考えるようになっていきます。

 

そうした考えの推移を経て現在は、価値組タイプの中小企業(個人事業含む)の経営者に対象を絞り、人材開発・組織開発コンサルタントとして活動しています。

(※「価値組」とは?「人材開発」「組織開発」とは? )

 

支援の概略

 

基盤となる支援は、情報洪水社会によって削がれやすい「内省→言語化→客観視」の喚起・促進です。

取り巻く環境によって能力発揮を阻害されてしまうのは、従業員の皆さんだけではありません。

経営者の皆さんだって同じです。

 

メール、LINE、SNS、YOUTUBE、サブスクリプションサービス、ニュースメディア、…

現代社会は意図していなくても外部の情報を摂取し続ける毎日になりがちで、「自分の問題意識」に目を向けることが難しい環境にあります。

 

情報が少な過ぎてつまずいている場合とは違って、情報が多過ぎたり、特定の情報に強く縛られたりしてつまずいている場合には、「内省」が脱却の出発点になると私は考えていますので、その支援を土台としています。

 

そして、その土台のもと

働く人(経営者自身を含む)の能力発揮をさまたげている何気ない事について、価値組経営者の方が深く掘り下げ、脱却していく取り組み」

を包括的に支援しています。

 

中でも特に重視していることは、競争意識が強い社会で知らず知らず「他社と張り合う発想」に陥っている自分(経営者自身)や組織(職場)を、くり返し俯瞰することです。

そして、自分(経営者自身)だけでなく組織(職場)全体レベルで、最低限の「他社と補い合う発想」を取り戻していくことです。

 

私自身が日々、無数の情報(正論、一般論、もっともな意見やアドバイス)に圧倒される中で大切にしている指針は、「どんなに論理的に正しくても、心や体の抵抗が強いと、計画は絵に描いた餅になりやすい」という人間的特性です。

これは生活習慣病予防の教訓を応用したものです。

ちなみに、特定非営利法人日本ホリスティック医学協会認定、生活習慣病予防指導士という一面も持っています。

(※ホームページ『支援内容』)

 

「勝ち負け」にとらわれていないか?「優劣」に意識を奪われていないか? 「勝ち負け」や「優劣」の発想に染まりがちな社会の環境と、それによる不都合についてのお話です。 意図していなくても… 私たちは...
『正しいことを言ったからといって、人間がそれをすると考えていること自体が間違っている。』(河合隼雄) 元ラグビー日本代表監督の平尾誠二さんと、臨床心理の第一人者である河合隼雄さんの対談本より。 河合:面白い話があるんです。僕はこ...