はじめに(このブログと相性のよい人は?)

タイプや相性がある?

 

はじめまして、こんにちは。

セカンドベストの野島のじま泰次たいじです。

このブログにお越しいただいて、ありがとうございます。

 

私は人材開発・組織開発コンサルタントとして、中小企業・個人事業の経営者の方を支援しています。

「開発」とは…

能力を引き出すこと。そのために、
能力発揮の条件をととのえること(能力発揮のネックを補整すること)。

(※「人材開発」「組織開発」とは? )

 

私の仕事は、組織(で働く人)や経営者自身の能力発揮を支援することですが、こういう仕事にもタイプや相性があると考えています。

 

私のタイプを服屋さんに例えると、誰もが買い物をするようなポピュラーなお店ではなく、セレクトショップのような位置づけです。

このブログの内容も服の趣味と同じように合う合わないがあると思いますので、ピンと来なかったり違和感が強かったりするようでしたら、自分向きでないものと思って聞き流してくださいね。

 

このブログと相性がよい人は?

 

私がこのブログを含め、現在の支援を目指した訳はシンプルです。

過去の私がとても不都合を感じていたからです。

 

ですので、このブログと相性がよい人というのもシンプルです。

不都合を感じる傾向が私と近い人です。

 

具体的に言うと…

 

私が不都合を感じていた根本的なポイントは、身近に求めているものが無かったことです。

そして、求めていたものは大きく3つです。

 

  1. 情報洪水社会、あるいは同調圧力が強い社会で、無数の正論を脱却していくための指針(→ のちのち「セカンドベスト」を基本指針とする)

  2. 「こうした方がよい!」「こうするべき!」といった他律断定型の支援ではなく、「あなたの感覚は?」「あなたの選択は?」のような、当事者の自問・自律を促す(妨げない)関わり方の支援。

  3. 価値組タイプの人や組織にとって、参考となる捉え方や発想、着眼点など。

(※「セカンドベスト」とは? 「自律」とは?「価値組」とは? )

 

上記の3つは、それぞれ一つずつで考えても身近にあまりなく、とても不都合を感じるものでした。

また、これらを同時に満たしているものは見当たらず、やむを得ず自分で組み合わせながら補ってきたわけですが、その取り組みは想像以上に手間を要しエネルギーも消耗させるものでした。

 

『できることなら誰かに手助けしてほしい…』

今の活動の原動力は、私自身が途上で抱き続けてきた思いから生まれています。

 

そんな経緯で上記の3つを組み合わせた支援を目指した訳ですが、このブログもそれらをベースとしています。

(※ホームページ『支援内容』)

 

大まかな背景や主要な特徴を知ることが相性を判断する参考になる方もいらっしゃると思い、私なりにお話ししてみました。

ただ基本的には「なんとなく合う」「しっくりくる」とか、「なんか合わない」「使えない」といった、ご自身の感覚が間違いないと思いますので、理屈はともかくミスマッチだと感じたら読み捨ててくださいね。

 

「アドバイス」ではなく「問いかけ」「アドバイス」ではなく「問いかけ」 私はこのブログでいろいろなお話をしていますが、 「こういう考え方をした方がいいですよ!」 ...
「価値組」とは? 「勝ち」を意識しているか?「価値」を意識しているか? 「価値組」という言葉は社会的に広く使われているものではなく、あくまで個人...